けむログ創刊!情報提供・お店レポート募集中。

激戦区秋葉原エリアに新オープンのメイドシーシャ(チルチルアキバ/秋葉原)

2018年6月30日、和洋折衷のメイドシーシャがコンセプトのチルチルアキバがオープンしました。

秋葉原といえば、すでに2014年オープンのメイドシーシャAKIBAスモーカーズがあり、その近辺にはジャングルヘイズや、ユーカリプタス。
少し足を延ばすと、湯島のK13や上野AndUなどがあり、また一方で、今年4月にBaronが閉店、ここ数年一気にシーシャ屋さんが増えた激戦区でもあります。

そんな中、オープンしたこのお店は、秋葉原駅から中央通りを上野方面へ5分程度進んだ先、1階にカレー屋、他のフロアにはメイド喫茶やマッサージ屋などが入る雑居ビルの5階にあります。

メイドというよりコンカフェ寄りで豪奢な内装


メイドシーシャとして先行するAKIBAスモーカーズ自体も「萌え萌え」なコンセプトは皆無で、普通のお客様でも通いやすいお店ですが、チルチルアキバは看板やポスターなどでも女性店員さんのビジュアルを前面に押し出し、メイド喫茶というよりはコンセプトカフェ寄りの印象。
店長さんももともと、メイド系のお店をやられていたようです。


内装は和洋折衷の狙いどおり、洋館のような模様や屏風絵風の壁紙が混在。
さらに、むき出しの天井からは豪華なシャンデリアがいくつも下がり、高価なソファが6脚ほど。派手でコンセプト感の強い内装になっています。

店員さんも看板写真と同じコスチュームで、和服を改造したようなコスプレで統一。オリジナルで何パターンか作られているようで、とっても気合がはいっているようです。また、接客についても、お客様は「ご主人様」、帰るときは「いってらっしゃいませ」のご挨拶でした。

プレオープンメニューはシンプルで分かりやすい


シーシャの料金プランはとってもわかりやすく、プレオープン期間価格で2000円でシーシャと缶ジュースが2本選べます。

プレオープン後は、チャージ1000円+シーシャ1500円or1600円に。

メニュー表にあるフレーバーは、AFZAL(アフザル)、Al Fakher(アルファーヘル)、FUMARI(フマリ)、DEBAJ、HAZE(ヘイズ)、StarBuzz(スターバズ)、7KNIGHTなど、おなじみのものから、ちょっと珍しいものまで。


この日はプレオープン初日でもあったので、メイドさんが3名に、厨房スタッフの体制で営業。
まだまだ、これからの様子でバタバタしている感じでしたが、シーシャの提供も特に遅いこともなく、炭替えや煙の調整にも応じてくれました。

楽しみ方の選択肢が広がった秋葉原シーシャ


渋谷や新宿などのシーシャ激戦区と異なり、秋葉原のシーシャ屋さんは、それぞれのお店でコンセプトが大きく分かれているのが特徴的。

メイドシーシャとして、丁寧で安定した接客とシーシャが楽しめるAKIBAスモーカーズに、深夜の時間帯も楽しめるジャングルヘイズや、ちょっと毛色は変わりますが朝5時まで営業のバニーガールシーシャバーBunnyPalace。

そのほかにも、北欧風のインテリアでカフェ感覚で楽しめるK13や、執事シーシャのユーカリプタスなどもあり、秋葉原に来れば、色々なお店の中から、その日の気分や時間帯で選べる環境になっています。

秋葉原は、今後も新しいコンセプトのシーシャが盛り上がる震源地になりそうです。

お店の情報

チルチルアキバ〈秋葉原〉
AKIBAスモーカーズ本店〈秋葉原〉
ジャングルヘイズ〈秋葉原〉
BunnyPalace秋葉原店〈秋葉原〉