【けむログ通販】お家シーシャ始めるなら今!ODUMAN10%OFF

ボトルの水の量で吸い心地って変わるの?【メイドが解説】

水の量で変わる吸い心地

ボトルの水ってどんな役割?

シーシャボトルに入っているお水は、大事な「フィルターの役割」をしています。

炭で燻した葉っぱから、たばこの煙が水をくぐることで冷やされマイルドな煙になります。

お水は冷たければ冷たいほど最適です。

水の量って適当でいいの?

水の量で、「吸いの重さ」「煙のクリアさ」が変わってきます。

量が多ければ多いほどフィルター効果が高くなる分、水圧が上がり力を入れて吸うことに。

慣れてない方はうまく味わえず、酸欠にもなりやすくなります。

そして一番危険なのは、水を入れずに吸うこと!

「濾過してない煙を直接吸っている」ずっと吸い続けていたら酸欠で気絶、死に至るかもしれません。絶対にやめましょう。

自分と相性の良い水の量を模索してみよう!

お店によっても、水の量が違います。

煙が濃い本場仕込みのお店は水の量が多かったり、初心者向けの店舗は水の量が少なめで優しい煙だったり、バランスを考えて提供されています。

とんこつラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン屋みたいな違いですね。

だからこそお店に来店した際は、水の量を変えてくれ等のオーダーは控えることを推奨します。

水の量に着目してみると、お店によっての特色がわかってシーシャ屋さん巡りも楽しくなれますね。

是非動画をご参考にして、自宅シーシャ作りにもご参考下さい。