【けむログ通販】お家シーシャ始めるなら今!ODUMAN10%OFF

道頓堀くいだおれの後は甘~いデザートシーシャ(RAS難波店/難波)

難波駅からすぐ、道頓堀からほど近い繁華街のど真ん中にあるのがRAS難波店。
梅田、そして心斎橋と3店舗を構えるグループ店です。

カウンターと座敷風の席で小料理屋のようなインテリア


もともと和食小料理屋を改装したような感じで、大将が出てきそうな細長いカウンター席と、小上がりというか、和風な座敷席。

カウンター席は低い背もたれ付のベンチになっていて、シーシャを楽しみやすいようにカスタムされています。

小上がり席も掘りごたつっぽくなっていて、居酒屋のような雰囲気。
一人で来る、というより、みんなでわいわいするには距離も近く、居心地がいい感じです。

ふわふわで甘~い煙がたっぷりで満足


注文したシーシャを作ってくれたのは、もともと東京のシーシャ屋でよく遊んでいた女の子。地元に帰って店員さんになったようです。

甘めなシーシャを注文すると作ってくれたのは、Social Smokeのオルチャータカジェタ、香港ミルクティ、チャイ、バニラ。

ミルクとシナモン、キャラメルがミックスされた煙は、パン屋さんのような、ふわふわで、おなかのすくような甘い香りで、シナモンの風味も心地いい感じでした。


ドリンクは飲み放題で、お店の冷蔵庫から自由に取るスタイル。
シーシャ屋さんのフリードリンクといえば、謎のドリンクが多いこと。そして、ここで出会ったのが西日本では普及しているが、東日本ではあまり出会うことのない、スコール。

甘い炭酸が1日の大阪吸いだおれで疲れた体に染み渡ります。

道頓堀でくいだおれを楽しんだ後のデザートシーシャに


周囲がちょっと薄暗くなり、道頓堀にも人が溢れ始める時間帯。

お店にはお客さんが増え始め、お店の中はうっすらと煙が充満。
観光客や若者でにぎわる道頓堀・難波からほど近い周囲は飲食店が多く、大阪グルメをたらふく、くいだおれた後のデザートシーシャにも足を運びやすい場所です。

お客様同士の距離も近く、店員さんもよく話しかけてくれる楽しいシーシャ屋さんでした。

お店の情報

RAS難波店〈難波〉

大阪シーシャまとめ

【まとめ】吸いだおれの街!?大阪の主要シーシャ屋さん2018年版